家族と暮らし

家族と暮らしのアイディア

家族と暮らしのページ

 
  Sponsored Links
  
                                            
家族と暮らしのアイディア>TOP



               

       「家族と暮らしのアイディア」 へようこそ!


    このページでは、家族暮らしをテーマにさまざまな
    ジャンルで家族暮らしアイディア、生活の知恵、
    知ってて面白いこと、むだ話しなども紹介しています。

    また、私自身が興味を示したことや、おもしろい本な
    どの内容も紹介しております。

    日頃から家族と楽しく過ごすことや、暮らしを快適に
    するアイディア本などに興味を持ち、本屋さんなどで
    探しては実践しております。

 
  
<わたしの家族観>

  私の幼い頃は4人家族でごく普通の家庭でした。父はサラ
  リーマンで母は専業主婦をしておりました。
  
  姉も高校を出るとすぐに県外へ就職し、私は地元で就職を
  して親と同居で、結婚そして子供も2人おり新しい家族を作
  っております。

  両親からはあまり、怒られた記憶がありませんが、父親は
  怖い存在でした。私も父親になり、昔、父親がしたようにま
  ねております。

  最近は少子・高齢化にともない、核家族や老人の一人暮
  らしなどが、いろいろな事件や問題となっております。

  我が家も大家族ではありませんが、親と暮らし私で3代目
  になります。
  
  家は代々、家風やしきたりなどもあると思いますが、最近
  はあまり重要視されていないとおもいます。

  でも、家風やしきたりにこだわらなくても、それなりにルール
  や決め事は必要なのではないのでしょうか?

  家族は一緒に過ごす時間を作り、コミュニケーションをとる
  ために、いろんな工夫をしてともに楽しく過ごすための努力
  が必要だと思います。

  外からちがう血族の人が入ってくるとなおさら、そのことが
  必要になってくると思います。

  日々の暮らしのなかで子供のこと、家族のこと、暮らしのこ
  となど快適に過ごすためのことなどを考えております。皆さ
  んも思っていることだとおもいます。


















 <家族と過ごす時間>

 家族関係はさまざまあると思いますが、子供たちの成長期など
 は特に家族が一緒に過ごす時間が必要だと思います。

 日々の暮らしの中で、親密な関係を築くには特に両親が努力し
 て一緒に過ごす時間を作り出すことが大切だと思います。

 毎日の中で「1日に1度」は全員そろって食事をする。
 「ご飯を食べるときは一緒に食べなさい」と、よく言われたもの
 です。
 
 子供に手伝いなどをさせるのも良いコミュニケーションの方法
 だと思います。

 一家そろって外食にでかけるのも良い方法だと思います。
 おじいちゃん、おばあちゃんも一緒にです。

 子供たちと一緒に過ごす機会をつくる。私はそのために仕事を
 変ました。
 
 親子の絆を深めることにより、子供たちもその価値観を認め、
 信頼を寄せるようになり楽しい環境を作れるものだと思います。



  <家族の趣味を作る>

  家族として楽しむには、共通した趣味を持つのも良いと思
  います。

  一緒に釣りに行く、一緒にスキーをする、一緒にボーリング
  をする、など身近なことをして家族全員が楽しむことができ
  るものを選んで行うのが良いと思います。

  私は子供と野外へ出ることを優先しております。
  「幸せな家族とは、どのような家族ですか?」と質問されると

  ほとんどの子供は「何かをみんなで一緒にする家族です。」
  と答えるそうです。

  家族でなにかをするには、野外活動が一番簡単に実行する
  ことができます。

  皆さんも一度家族の暮らしと楽しい生活について考えてみ
  てはどうでしょうか?

  
  


 <何をするにも健康が一番>

 家族の暮らしと幸せの第一条件は「体が健康」であること
 ですね。

 食べ物のバランスを考えた食事、規則正しい生活、わかっ
 ていても普段から心がけて続けることはなかなかむずかし
 いことだと思います。

 最近は食生活も変化していて、欧米化がすすみ子供達も
 ファーストフードなどに もなれています。

 我が家はおばあちゃんがいるので、まだまだ日本風でそ
 れも田舎風の食生活なのですが、子供達の好ききらいが
 あります。

 お味噌や漬物はまだ自家製のものを作っております。裏
 庭にはネギも植えています。
 できるだけ自然でとれたものを食べさせるのがいいと思っ
 ています。


  <ペットも家族の一員>
 
  我が家は全員「ネコ派」です。
  いきつけの床屋さんにいるゴールデンレトリバーに触った
  のが、子供達ははじめてでした。
 
  それまでは遠くでみるだけでしたが、直接イヌに触ること
  が初めてだったのです。

  よほど嬉しかったのか、そのせいで床屋さんに今度はい
  つ行くのかとそればっかりでした。

  自分達だけでなく、私一人が散髪のときでも必ず2人とも
  一緒について来るようになりました。

  おかげで、本人達も散髪さんが好きになったようです。

  あるとき、いつもどうり散髪に3人で出かけたら今度はネコ
  がいて、室内を自由にさせていたので待ってる間はその
  ネコと遊べるようになりました。

  それから、2人はネコのとりこになってしまいました。

  イヌは大きくて大変ですが、ネコだったら家で飼えると思い
  とうとう探すことになりました。

  世話をするのは大変ですが、子供達が動物と接することで
  少しでもやさしい気持ちになれればと思います。


  最後までお読みいただきありがとうございました。





Sponsored Links


  【無料】紹介プログラム
 総合アフィリエイトサービス 「エキスパ」
   ★ その他のリンク集も見てみてください。                       
 My Menyu

  暮らし・生活  食と健康  家族・遊び  趣味・ガーデニング  ペット
  ホコリ取りのアイディア

  水回りの手入れ

  掃除あちこち

  なんでもリサイクル
  
  道具選びと手入れ
 
  食生活の知恵
 
  健康とリズム


  ビタミンの話
 
  ストレッチングとは
 子供と野遊び

 家族でアウトドア

 温泉の話し

   
(療養温泉)
  星座の魅力

  世界の不思議

  なんでも辞典


 
観葉植物

   サボテン
 
 猫の選び方

 猫の世話

 猫の食事

 猫のしつけ

 猫の健康管理

 猫の困った
 
  子供の未来を考えて!
  ADHDってしってる?   ADHD関連リンク       リンク集      ☆プロフィール☆

  スポンサードリンク
  
Copyright (C)〜家族と暮らしのアイディアAll Rights Reserved
「PR」 足の健康 悩み 安眠 寝具 漢方 民間薬 ネットでMLM!成功ブログ